怒りを制する者は人生を制す

怒りを制する者は人生を制す

こんにちは!!

イッタです!!

 

突然ですが、

起きてる間中、自分をコントロールできていますか?

 

当たり前じゃんと思うかもしれませんが、何かに怒ってしまった時に、怒りや悲しみに行動や思考をコントロールされていませんか?

 

例えば運転している時に、煽られたり、無理な割り込みをされた時等・・・。

仏のような方もいるかと思いますが、少しはイラっとしますよね。

こういった事が原因で殺人事件もありましたよね。

 

怒りや悲しみに支配されない人生って、穏やかで幸せな人生だと思いませんか??

 

もちろん、怒りや悲しみを行動のエネルギーに上手く転換して、何らかの業績を残している人がいるので一概にそうとは言い切れない部分もあるのですが、

個人的には怒りや悲しみのない人生が幸せで楽しく、愛のある人生を送りやすいと思っています。

 

 

では、そもそも怒りとは何かという部分から入り、どうやって怒りをなくしていくかという事を書いていきます。



怒りはどこから産まれるのか

これは色んな考え方があるかと思いますが、

「自分」というアイデンティティを守る為の人間の本能=怒り

です。

 

では、どういった時にその本能が発動するかという事ですが、

 

自分という人間、自分の考え方を否定された時

に怒りという感情が沸きます。

 

これでも、まだまだ分かりにくいのでもっと噛み砕いていきます。

 

自分が正しいと思っている事以外の事が周りで起こると

人は「自分の考え方が正しくない」

と否定された気持ちになり、自分の考え方やアイデンティティを守る為に、怒りという感情を使って批判や暴力等に走るようになっています。

 

もっと噛み砕いて説明すると

 

「〇〇するべき」、「〇〇は〇〇であるべき」、「〇〇するのが当たり前」

というような考え方をたくさん持ってる人ほど、生活の中で怒りやすくなります。

要するに、自分の考え方が正しいと思ってる人ほど、怒りやすいという事です。

正義感が強い人が周りを変えようとするのも全く同じ動機です。

※ちなみに、こういったアイデンティティ(=自我)を守る為にとる行動の事をエゴと言います。

 

「先ほどの運転中に煽られて、イライラする」という事にこれらを当てはめると、

「安全運転するべき」「事故が起こりそうな運転をしないべき」という思考から、イライラが起こります。

逆に、煽ってきた相手の感情も「もっとスピードを出すべき」「自分の邪魔をしないべき」というような思考から、煽っているかもしれません。

 

何にせよ、

自分の中の「当たり前」の多さに比例して、生活が穏やかではなくなる

という事です。

 

怒らない為にどうするか

生活の中で、皆が皆、

「自分が正しいと思っている事」を行って生活しています。

それを踏まえて「皆が皆、正しい。」

この考え方を自分の中で持っていれば、怒るという感情とはオサラバです。

 

 

ですが、急にそうなるのも難しいです。

なので、まず自分がどういった「当たり前」を持っているかを知る事から始めます。

ちょっと難しいですが、生活の中でイラっとした時に、何にイラっとしたのか、自分なりに考えてみて下さい。

そして、相手も自分が正しいと思って行動している事を思いだすようにしてみてください。

 

どうしても怒りの感情に勝てない時は

自分は大学生の時にこの方法をとっていたのですが、

何かでイラっとして、相手を攻撃したくなった時は、

すぐに深呼吸をします。

コツは、息を吐く時にイライラした感情や毒気を一緒に吐き出してるイメージで深呼吸をすることです。

 

自分の場合は、この方法がめちゃくちゃ役立ちました。

そして色んな事でこれを繰り返しているうちに、怒らなくなってしまいました。笑

 

 

まとめ

他にも怒らない為の方法はたくさんあると思いますが、どの方法をとっても良いので、怒りのない人生を是非手にいれましょうっ!!

穏やかで幸せな毎日が待ってますっ!!

最後に、「エゴ」について詳しく書かれた素晴らしい本のリンクを貼っておきますので、興味のある方はぜひ読んでみてください!!

本当にオススメです!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA